てんこもり!史跡の里の秋まつり!

Last Update: 2013-11-01 13:57:50

写真の説明

10月19日・20日の2日間、仙北ふれあい文化センターで「仙北公民館まつり」が行われました。

ふれ文駐車場は昔の遊び体験コーナーや商工会婦人部などによる出店コナー

写真の説明写真の説明

写真の説明写真の説明

凧揚げや輪投げ、竹馬などで遊ぶ子どもたちの元気な姿が見られました!

写真の説明写真の説明

写真の説明写真の説明

写真の説明写真の説明

館内には各団体の作品などを展示。陶芸や盆栽、生け花や手芸品など自慢の作品が飾られました。

また、小・中学校の児童生徒の絵や習字も展示。家族で作品を見に訪れていました。

写真の説明写真の説明

写真の説明写真の説明

20日には、イベントホールで演芸発表会が行われました。踊りやダンス、カラオケ、吹奏楽など各団体が日ごろの練習の成果を披露しました。

伝統の「この大地より」

Last Update: 2013-11-05 13:26:34

仙北中学校(高橋克明校長・全校生徒数183人)で10月27日にふるさと賛歌コンサートが行われ、訪れた地域の方々が交声曲「この大地より」の合唱に聞き入りました。

写真の説明

交声曲「この大地より」(作詞・高階航、作曲・高橋馨)は仙北中学校の創立40周年を記念して創作されたもの。第一楽章から第三楽章までで構成されていて、仙北地域の四季や希望に向かって進む若者の姿が詞と曲に表現されています。同校では平成9年から地域から協力をもらいながら全校生徒で歌い継いできました。

写真の説明写真の説明

写真の説明写真の説明

写真の説明写真の説明

写真の説明写真の説明

当日は中学校生徒のほか、合唱にあじさいコーラス、合奏に仙北吹奏楽団とふれあいウインドオーケストラ「ダイナミックス」など地域で活動する団体が参加。また、吹奏楽部卒業生も応援に駆け付け、地域でひとつになり歌い継いできた「この大地より」を会場いっぱいに響かせました。

トップ 最新 更新