皇太子殿下が旧池田氏庭園をご見学されました

Last Update: 2012-06-12 14:39:43

写真の説明

6月1日、皇太子殿下が旧池田氏庭園をご見学されました。

殿下は、6月2日に秋田市で行われた「第23回全国『みどりの愛護』のつどい」にご出席されるため、

6月1日にご来県になり、美郷町の幼保一体施設をご訪問の後、旧池田氏庭園にお越しになりました。

写真の説明

庭園前には沢山の方々が集まり、殿下をお出迎え。

写真の説明

車を降りられた殿下は笑顔でみなさんに手をお振りになり、沿道からの声にお応えになられました。

写真の説明

殿下は庭園内の池端に咲いたカキツバタを見て「あれはショウブですか、カキツバタですか」とお尋ねになられたり、

洋館図書室では「ここにはどのような本が収蔵されていたのですか」とお尋ねされたりと、

約30分間、庭園内を興味深くご見学されました。

また、日本最大級の雪見灯籠をご覧になった殿下は「これは大きいですね」とご感嘆された様子でお話になられました。

写真の説明

殿下がご休憩された庭園内の穆如亭(ぼくじょてい)のお部屋。

写真の説明

お帰りの際は、また笑顔で沿道へ手をお振りになられていました。

文化財保護課ホームページ

旧池田氏庭園 夏の一般公開

Last Update: 2012-06-12 15:18:26

写真の説明

国指定名勝「旧池田氏庭園」で6月4日から10日までの1週間、夏の一般公開が行われました。

写真の説明

写真の説明写真の説明写真の説明写真の説明

期間中は約8,000人が見学に訪れ、ガイドの説明を受けながら庭園を回ったり、

思い思いに散策したりと、新緑の庭園を楽しみました。

写真の説明写真の説明写真の説明

また、8日には初の試みとなる庭園内のライトアップが行われました。

当日は完全予約制で午後7時からと午後8時からの2回に分けて開催。

訪れた方々は、ライトに照らされ浮かび上がる雪見灯籠や洋館の

昼とは違った幻想的な景色を楽しんでいました。

写真の説明写真の説明写真の説明写真の説明写真の説明写真の説明

文化財保護課ホームページ:国指定名勝「旧池田氏庭園」

サツキの季節

Last Update: 2012-06-13 10:18:34

写真の説明

今週の始めから仙北庁舎正面玄関を入ったホールにサツキを展示しています。

写真の説明

大嶋の佐々木忠雄さんが育てたサツキで、展覧会に出品したものを毎年お借りしています。

写真の説明写真の説明

「大和(やまと)」や「旭鶴(あさひづる)」など、見事な花が来庁者の目を楽しませています。

写真の説明写真の説明写真の説明

満開で見ごろのサツキは来週いっぱいは展示していますので、ぜひご覧になってください。

火点は前方の標的!

Last Update: 2012-06-18 14:50:53

火災や水害などの災害時に駆けつけ地域住民の安全を日夜守っている消防団。

現在、仙北地域では115人の団員が地域の安全のため活動しています。

写真の説明

大仙市消防団仙北支団(伊藤弘支団長)の消防訓練大会が、6月17日にJA農業低温倉庫で行われました。

大会は規律訓練の部とポンプ操法の部に分かれて行われました。

写真の説明

写真の説明写真の説明

規律訓練の部は各分団ごとに参加。第1分団から第4分団まで4チームが息の合った行進でチームワークを発揮しました。

写真の説明

写真の説明写真の説明

写真の説明写真の説明

写真の説明写真の説明

ポンプ操法の部は各分団から2班、全8チームが参加。きびきびとした動きで、タイムや操法の正確さを競い合いました。

結果は次のとおりです。

写真の説明

【規律訓練の部】 ▼優勝=第4分団 ▼準優勝=第3分団

写真の説明

【ポンプ操法の部】 ▼優勝=第3分団1班 ▼準優勝=第3分団2班 ▼第3位=第1分団1班

写真の説明

各部の優勝者は7月21日に雄物川河川運動公園で行われる郡大会に出場します。

今年は支団旗を新しくした仙北支団。気分も新たに郡大会での活躍を期待します!

交通安全は、家庭から!

Last Update: 2012-06-19 10:14:33

写真の説明

地域の方々に交通安全の意識を高めてもらおうと、

「交通安全は家庭から」大声コンテストの仙北地区予選が

6月18日、仙北ふれあい文化センターで行われました。

写真の説明写真の説明

予選には9人が参加。

それぞれが普段から交通安全について気を付けていることや感じていることなどを発表した後、

測定器に向かって「交通安全は、家庭から!」と大声を出しました。

写真の説明写真の説明

写真の説明

審査はどれくらい大きな声が出たかはもちろん、表現力などを総合的に判断。

結果、男性の部は高梨小4年の茂木流空(りく)くん、女性の部は安部恵美子さんが1位になり、

「大仙市安全・安心まちづくり推進大会」で行われる決勝大会への出場権を獲得しました。

決勝大会で優勝すれば、8月25日の「大曲の花火」桟敷A席が贈られます。

大会は7月27日に仙北ふれあいセンターで行われます。

地元開催ですので応援をお願いします!

トップ 最新 更新