川面に映るぼんでん 優雅に

Last Update: 2011-02-23 18:05:16

大曲地域花館地区の小正月行事「川を渡るぼんでん」の奉納が2月11日、行われました。

写真の説明写真の説明

各ぼんでんはそれぞれの町内の家々を回り、ぼんでんとえびす俵を披露。ぼんでん唄を高らかに歌い上げます。

写真の説明写真の説明

柳町にある一の鳥居まで来ると、ぼんでん唄を歌い上げ、鳥居をくぐろうともみ合いを行います。

写真の説明写真の説明

渡船場に着き、見物に来た方々にぼんでんを披露。たくさんの見物客が訪れました。

写真の説明

いよいよ川を渡って対岸へ。 勇壮に伊豆山神社を目指します。

写真の説明写真の説明写真の説明写真の説明写真の説明

今年は雪が多く、山登りが大変でしたが15本のぼんでんが無事奉納されました。

伝えたい気持ち 伝わる音楽

Last Update: 2011-02-12 15:13:58

写真の説明

 全国から若手音楽家たちが参加した「第23回大仙市大曲新人音楽祭コンクール」が

1月8日・9日の2日間、大曲市民会館を会場に行われました。

写真の説明写真の説明写真の説明写真の説明

 67人が参加した8日の予選を通過し、9日の本選に出場したのは

ピアノ部門4人、弦・管・打楽器部門8人、声楽部門2人。

写真の説明写真の説明

グランプリを目指し、心を込めた演奏が会場に響きます。

みなさん普段の練習で磨いた技術や若い感性でつむぎだす瑞々しい音楽を披露しました。

写真の説明

本選の弦・管・打楽器部門(マリンバ)には市内在住の熊谷夕貴さん(24歳)も出場。

三重県出身で、結婚されて現在は仙北地域に在住。

小学生からマーチングを続けているそうで、

マーチングの本場、アメリカでマーチングチーム「Blue Devils」に所属していた経験もあります。

「大仙市の子どもたちにも本場のマーチングに触れる機会をつくりたい。

日本にいる元Blue Devilsのメンバーを集めて、マーチングのクリニックができれば」

と今後の活動の意欲を話してくれました。

写真の説明

本選終了後には、昨年グランプリを授賞した白戸美帆さん(27歳)=宮城県=の記念演奏が行われました。

シャコンヌ(S.カルク=エーレルト)、組曲op.34(Ch-M.ヴィドール)、カルメン幻想曲(F.ボルヌ)の3曲を演奏。

昨年のグランプリ授賞から、さらに深みを増したすばらしい演奏を披露してくれました。

写真の説明

 記念演奏も終わり、いよいよ審査結果の発表。

見事グランプリに輝いたのは声楽部門に出場した星由佳子さん(34歳)=大阪府=。

6つのロマンスより“墓に近寄らないでほしい”(G.ヴェルディ)と歌劇「アドリアーナ・ルクヴルール」より“苦い喜び、甘い責め苦”を演奏。

音域が広く難しい楽曲を伸びやかな声で歌い上げました。

福島県出身の星さんが声楽家を目指したのは26歳のとき。

「本気になってやりたいことをやってみたかった」と国立音楽大学を受験し合格、

現在はさらに大阪芸術大学大学院博士課程前期に在学し、正しい音楽・発声を身につけようと精進の毎日です。

授賞式後の取材で「練習の成果を出すことができてうれしい。これからも勉強を続けきちんとした声楽を身につけたい」と感想を話す星さん。

「コンクールで大きな賞をもらったのは初めて。スタッフのみなさんによくしていただき、とてもいい環境で歌うことができた」と喜びの声を聞かせてくれました。

そのほかの授賞者は次のとおりです。〈敬称略〉 ▼優秀賞=阿部太一(ピアノ・埼玉県)、大向佐保(クラリネット・岩手県)▼奨励賞=齋藤絢子(ピアノ・神奈川県)、青木知子(ヴァイオリン・神奈川県)、佐藤碩彦(ユーフォニアム・秋田市)

授賞おめでとうございました。

角間川・藤木イルミネーション花火

Last Update: 2010-12-30 15:50:37

写真の説明

12月1日から1月15日まで行われている角間川・藤木イルミネーション。

12月23日には大曲地域角間川の浜倉を会場に

イベントや花火の打ち上げが行われました。

写真の説明

地域を明るくしようと大曲商工会議所南部地区協議会が企画。

イルミネーション期間中は角間川の本町通り沿いの各商店や一般家庭の家先が電飾で飾られ通行者の目を楽しませました。

写真の説明写真の説明

12月23日に行われた「イルミネーション花火」は角間川親水公園横の「浜倉」を会場に。

かつて角間川が海運で栄えたころに倉庫として使用されていた「浜倉」の中で、

地元コーラスグループによるゴスペルライブなどのイベントが行われ、

外では「大曲の納豆汁」やカレー旨麺、土屋館汁、正月用品などが販売されました。

写真の説明写真の説明

フィナーレの花火には地域からたくさんの方々が集まり、

華やかなイルミネーションと花火を楽しみました。

イルミネーションは1月15日まで点灯していますので、ぜひお楽しみください。

写真の説明

大曲中がマーチングで全国一に!!

Last Update: 2010-12-24 18:33:12

写真の説明

埼玉県さいたま市で12月18日・19日に行われた

「第38回マーチングバンド・バトントワーリング全国大会」で

大曲中学校吹奏楽部が、大編成の部で金賞を授賞。

さらに最優秀賞に選ばれ、見事全国一に輝きました!

写真の説明写真の説明 写真の説明写真の説明

4年前から「和」をテーマにした演目に取り組んでいる大曲中。今年のテーマは「禅」。

「この世に生をうけ、今ここに存在することに感謝して生きること」

「与えられた環境をありのままに受け入れ、自分のできる範囲で最大限の努力をすること」

「今すべきことは何かを常に自覚し、行動すること」

という禅の心をマーチングで表現しました。

写真の説明写真の説明 写真の説明写真の説明

大会前12月11日に大曲体育館で行われた壮行演奏会。

97人の大編成で行われる演奏は大迫力です。

和の演目では使える音が限られてくるというハンデがあるそうですが、

和の演目を選択するチームが少ないため逆にそこが強みに。

難しい演目も、ドリルの演奏とガードの演舞の呼吸はぴったり。

大会に向けての猛練習を乗り越えてきたみなさんは輝いていました。

写真の説明写真の説明

写真の説明

大曲中の金賞授賞は4年連続。毎年僅差で最優秀賞を逃していただけに、悲願の全国一!

おめでとうございます!!

ふるさとこんにちは 大曲地域は移転しました。

Last Update: 2010-08-18 22:41:31

ふるさとこんにちは 大曲地域は

http://daisen.in.arena.ne.jp/daisen/blog/omagari/

に移転しました。

お手数ですがブックマークの変更などよろしくお願い致します。

夏まつり大曲

Last Update: 2010-08-13 13:49:35

8月7日、花火通り商店街で「夏まつり大曲2010」が開催。

訪れた方々はさまざまなイベントを楽しみました。

写真の説明写真の説明

今年は大曲の花火100周年を記念してミスター・ミス大曲の花火コンテストを企画。

1次審査を通過した4人が本選に出場しました。

写真の説明写真の説明

見事グランプリに選ばれたのは…

【ミスター大曲の花火】 倉田洋平さん(21歳・会社員・大仙市太田町)

【ミス大曲の花火】 石戸千潤さん(20歳・学生・秋田市)

写真の説明

「秋田県民のやさしい人柄、土地柄を全国に伝えていきたい」と倉田さん。

「会場で『大曲の花火』を見た感動を、まだ味わったことのない人たちに伝えたい」と石戸さん。

グランプリに選ばれた2人はこれから商工会議所が行うイベントなどで 「大曲の花火」をピーアールしていただきます。

夜の部は「踊りの広場」と神輿保存会・獅子の会による「二百貫神輿」の渡御(とぎょ)が行われました。

写真の説明

写真の説明

迫力ある二百貫神輿の登場で夏まつりムードが高まります。

「つつどんたまちゃん通り」での踊りの広場には約250人が参加。

見物客も飛び入りで踊りに参加し、通りいっぱいに大きな輪をつくりました。

写真の説明写真の説明

写真の説明

煌めく旋律 奏でよ Starたち!!

Last Update: 2010-02-03 13:04:17

写真の説明

 若手音楽家の登竜門「大仙市大曲新人音楽祭コンクール」が1月9日・10日、大曲市民会館で行われました。

たくさんのボランティアに支えられ「市民の手作り音楽祭」として22回目を迎えた同コンクール。

ピアノ・弦管打楽器・声楽の3部門で行われ、全国から73人が出場し、 若手音楽家のみずみずしい感性でそれぞれの音楽を奏でました。

写真の説明写真の説明

8日に行われた予選を通過し、9日の本選には17人が出場。

それぞれが頂点を目指し、素晴らしい演奏を披露しました。

▽奨励賞=川畑夕姫さん(ピアノ)

写真の説明

▽奨励賞=大向佐保さん(クラリネット)

写真の説明

▽奨励賞=大熊啓史さん(チューバ)

写真の説明

▽奨励賞=鏡貴之さん(声楽)

写真の説明

▽優秀賞=小林侑奈さん(ピアノ)

写真の説明

見事グランプリに輝いたのは弦管打楽器部門にフルートで出場した白戸美帆さん(宮城県・26歳)。

難曲「フルート協奏曲(1、3楽章)」(J.イベール作曲)を流れるように演奏し、会場を魅了しました。

写真の説明

白戸さんは「難しい曲なので聴く方が難しくならないように心がけました。

機械的にならないように、フレーズによっては歌うように。

音楽として聴いてもらえるように演奏しました。

優勝できると思わなかったので驚いています」と喜びの声を聞かせてくれました。

写真の説明

第50回山彦元旦登山

Last Update: 2010-01-14 13:56:08

新春の御来光を山頂で拝もうと行われている「山彦元旦登山」が今年も行われました

写真の説明

同登山は今年で50回目。大曲地域の登山愛好会「山彦会」(加藤春男会長)が毎年行っています。

50回記念となる登山には同会会員や一般参加など約50人が参加。

元旦の早朝、雪が降る中、大川西根地区蛭川にある薬師神社から大平山山頂を目指しました。

写真の説明写真の説明

山頂に到着した頃には天候は悪化し吹雪に。

吹雪の切れ間から市街は見渡せたものの、お目当ての御来光を拝むことはできませんでした。

写真の説明写真の説明

山頂のお堂にお参りし、下山した後は50周年を記念して餅つきが行われました。

つきたてのお餅はお雑煮に入れられて販売。参加者たちはお雑煮で温まり、雪山でのお正月を楽しみました。

写真の説明写真の説明

花火通り商店街クリスマス花火

Last Update: 2010-03-29 15:51:18

花火通り商店街主催のクリスマス花火が12月23日、丸子橋橋上公園を会場に行われました。

santataiko

会場では懐かしのカレー旨麺と納豆汁を販売。

大曲小学校太鼓クラブによる演奏やサンタクロースに 扮した商店街の方々によるパラパラ踊りが会場を盛り上げました。

hanabi1

nahabi2

メーンイベントは花火。

丸子川に渡されたナイヤガラ花火やスターマインがクリスマス前の夜を飾りました。

余目さくら花火鑑賞会

Last Update: 2010-03-29 15:55:32

内小友地区余目公園で「余目さくら花火鑑賞会」が4月25日、行われました。

写真の説明写真の説明

鑑賞会は「余目地域活性化対策いきいき会議協議会」(加藤加一会長)と余目公園を中心にさくらの植樹を行っている

「萬桜・育友会運営協議会」が共同で企画。

実行委員会(三浦正彦委員長)が地域の協賛を得ながら行っているもので今回で5回目になります。

写真の説明写真の説明

今年はあいにくの雨でしたが、花火が始まる頃には小雨に。

訪れた方々は春の夜空に打ちあがった大輪の花火を楽しみました。

内小友地区余目公園で「余目さくら花火鑑賞会」が4月25日、行われました。

写真の説明写真の説明

鑑賞会は「余目地域活性化対策いきいき会議協議会」(加藤加一会長)と余目公園を中心にさくらの植樹を行っている

「萬桜・育友会運営協議会」が共同で企画。

実行委員会(三浦正彦委員長)が地域の協賛を得ながら行っているもので今回で5回目になります。

写真の説明写真の説明

今年はあいにくの雨でしたが、花火が始まる頃には小雨に。

訪れた方々は春の夜空に打ちあがった大輪の花火を楽しみました。

トップ 最新 更新