間近に迫る!「刈和野の大綱引き」

Last Update: 2013-02-07 13:19:41

今年もついに来ました「刈和野の大綱引き」

2月10日(日)午後9時引き合い開始です。

写真の説明

大綱引きは刈和野地区の中心部、通称「大町通り」と呼ばれる通りで町を二分して行われる。上町を「二日町」、下町を「五日町」と呼んでいる。

写真の説明写真の説明

綱作りはそれぞれが行う。

二日町が作る「雄綱」は、その先端が古代中国の思想陰陽説の陽(男性)の象徴であり「ケン」と呼ばれる。長さは男の厄年を表す42尋(約64m)で、直径約80cm、重さ約10トン。

写真の説明

五日町の「雌綱」は、その先端が陰(女性)の象徴であり、「サバグチ」と呼ばれる。長さは女の厄年を表す33尋(約50m)、直径80cm、重さ10トン。

写真の説明

大綱作りは開催日の約1ヶ月前から始まり、1月30、31日に地元の小中学生も参加して「綱よい」が行われた。

写真の説明写真の説明

写真の説明写真の説明

できあがった大綱は、2月1日に両町内境界の中心「ドップ」付近に飾られた。

写真の説明写真の説明

写真の説明

両綱とも大蛇がとぐろを巻いたように積み上げられ、綱の先端は中から出す習わしになっている。

写真の説明

今年も準備万端整いました。 両綱は厳粛にして静かに引き合い開始の時を待っているかのようです。

トップ «クリスマスおたのしみ会 最新 下町勝利!「刈和野の大綱引き」» 編集